代表挨拶

生鮮食品を扱っている者の自覚。

私はいつも自戒を込めて部下にもそう言っています。 これは、私自身が長年培ってきた「魚屋」としての経験によって裏付けられた言葉です。鮮魚は在庫のきく食品ではありません。在庫を中心に考えて商売をすると、必ず「鮮度」という劣化を招きます。

「消費者の立場に立っての店舗展開」それがマルカワグループの経営方針であり、そのコンセプトによってグループ全体で年商100億円突破という実績に表れています。マルカワグループでは、すでに特化したノウハウ、販売ルート確保と安定した事業展開を基盤に、さらなる飛躍を目指しています。すでに、食文化というものを世界規模で考えるというのは、企業としては常識となりつつあります。 食は変化することのないニーズですが、その文化は常に変化をしています。

マルカワグループでは、新しい感性を持つ、その時代、その時代に柔軟に対応できる若い人材を必要としています。 あなたもマルカワグループと一緒に、新しい食文化の専門家になりませんか? 若さとやる気で可能性は無限です。

代表取締役社長   川口 保

上に移動